back number

レンタサイクル野郎
Rent-a-cycle yaro

08 西九条でレンタサイクル!

小吹隆文(美術ライター)

今回は大阪市の西九条でレンタサイクルしてみましょう。当コラムの連載9回目にして、初の大阪市内です。

JR環状線の西九条駅でレンタサイクルし(1日300円)、まずは駅前の大通りを南進します。 すると現れるのが第1のポイント「安治川トンネル」です。 エレベーターで地下まで降りて川底を歩いて通り抜けられるのは、日本で唯一ここだけです。

トンネルを出ると、そこは工場地帯。 町工場や倉庫が立ち並ぶ界隈を、安治川沿いに西へと進みます。 道なりに400mほど進むとJR環状線の高架下にたどり着き、そこで進路を南にとると、JR弁天町駅に隣接する「交通科学博物館」に着きます。 ここが第2のポイントです。

見学が済んだら、今度は地下鉄と阪神高速の高架沿いを西進。 やがて地下鉄朝潮橋駅に達すると、プールや体育館がある「八幡屋公園」が見えてきます。 緑が乏しい界隈にあって、林のように木々が生い茂る公園は、まるでオアシス。 ここが第3のポイント(&休憩場所)です。

もう随分来ましたね。 あと一頑張りです。 さらに西へ1kmほど行くと、最終ポイントの天保山に到着します。 ここには水族館の海遊館や大観覧車など見どころが満載ですが、私のおすすめは「サントリーミュージアム[天保山]」です。 惜しくも2010年の年末で閉館するのですが、12月26日まで最後の展覧会「ポスター天国」を絶賛開催中です。 間に合えばぜひご観覧ください。

結構な距離になりましたが、今回のサイクリングはこれにて終了です。 帰りは行きの道をそのまま戻るのもよいですし、天保山公園付近から発着する渡船で対岸のUSJに渡り、此花区を横断して西九条駅を目指すルートもあります。 季節柄、日没が早いので、夜道に気をつけて安全運転でお帰りください。

(本紙掲載 2010年12月14日)


いぬんこ画