back number

レンタサイクル野郎
Rent-a-cycle yaro

13 園田でレンタサイクル!

小吹隆文(美術ライター)

今回の舞台は兵庫県です。阪急電鉄の園田駅から大阪国際空港(伊丹空港)まで足を伸ばします。

園田駅へは、阪急梅田駅から普通電車で約10分(運賃180円)。 駅を出たら高架下の駐輪場で自転車を借りましょう(1日300円)。 最初の目的地は園田競馬場です。駅北側の大通りを北西に進み、最初の信号を右折したら、後はひたすら北上するのみ。 この道は幹線道路なので交通量が多いですが、歩道の幅が広いので安全です。駅から10分ほどで競馬場が見えてきます。

ここでいきなり競馬観戦という選択肢もありますが、今回は我慢しました。 競馬場前の道を西進し、途中から塀沿いに回り込むと猪名川の河川敷に到着します。 途中、厩舎から漂う干し草や馬の匂いを嗅ぐことをお忘れなく。また、河川敷からも競馬場を眺められます。

河川敷の道路はキレイに舗装されています。 北西には農業公園や浄水場があり、南東方向に行けば猪名川公園にたどり着けます。 河川敷特有のパノラマビューも拝めるし、きっと爽快なサイクリングができるでしょう。 また、園田エリアは猪名川と藻川に囲まれた中洲なので、一周することもできます。 ただし、一部に未舗装路や途切れている箇所があるので、若干興を削がれるかもしれません。

以上のルートを堪能したら、最後に大阪国際空港へ行きましょう。 競馬場の南東約500mの地点にある利倉橋を渡って7、8分ほどこぐと空港の南端に着きます(道順が分かりにくいので要下調べ)。 間近で見る飛行機の着陸は想像以上の大迫力です。

競馬場、河川敷、中洲一周、空港と、見どころの多さがこのコースの特徴です。競馬の開催日に出かけて、一日フルに楽しんでください。

(本紙掲載 2012年3月13日)


いぬんこ画