cycleとは?

こんにちは、cycle編集部です。
私たちは「自転車生活を楽しく」をテーマにフリーペーパーとWebマガジンを発行しています。

cycleが得意とするのは、「カルチャー」と「暮らしの自転車」。
日々の生活に寄りそった小さな楽しみを、私たちは何よりも大切に考えます。
速く、遠くへと走り、汗をかいて登る坂道の尊さも知っていますがcycleが紹介したいのは自転車で行くピクニックや、グルメな街めぐり、そして、口笛を吹きながら走れちゃうほど気軽なサイクリング。
「自転車」をキーワードにした多彩な文化をcycleの視点でご紹介します。

私たちは、自転車をもっていない方、自転車に乗れない方にも読んでほしい、という想いをもっています。
これまでの自転車歴や、老若男女を問わず、どんな方も「自転車っておもしろい!」と好奇心をもつきっかけになればうれしいです。

願わくば、cycleの記事を読んでくださったみなさんの暮らしがよりおもしろく、すてきなものになりますように。
では、きょうも安全運転で!

フリーペーパー
季刊紙 サイクル
創刊
2008年12月25日
仕様
フリーペーパー(季刊)/タブロイド判/12ページ/オールカラー
発行日
4 ・7・10・1月の年4回
部数
2万部
設置
場所
全国約900ヵ所(2021年1月現在)
詳しくはこちらへ
フリーペーパー
Webマガジン
cycleweb
創刊
2021年7月21日
仕様
Webマガジン
更新
随時更新
フリーペーパー

\ cycleはこんなメンバーで作っています /

MEMBERS
編集長│オスギ(杉谷紗香)
編集長
オスギ(杉谷紗香)
編集長│オスギ(杉谷紗香)

1981年、大阪府出身。広島県尾道市在住。京都造形芸術大学情報デザイン学科卒業。在学中に書籍『キョウト自転車生活』の編集に関わったことをきっかけに、卒業後、株式会社ワークルームに入社。同社にてフリーペーパー「季刊紙サイクル」の立ち上げから関わるほか、『京都自転車デイズ』『大阪自転車ホリデー』『神戸自転車ホリデー』などの書籍、企業媒体の編集・執筆に10年間携わる。2015年に独立し、株式会社ピクニック社を設立。代表取締役を務める。英国製折りたたみ自転車・ブロンプトンに乗って15年強の街乗り派。2台目にロングテールバイクを導入、2人の子どもとともに、広島&大阪の二拠点生活を満喫中。

編集長│オスギ(杉谷紗香)
副編集長
さなけん(眞田健吾)
副編集長│さなけん(眞田健吾)

1981年、香川県出身。大阪府在住。アニメとゲームとマンガで構成された青春時代を経て、京都の美術大学へ。左京区カルチャーで中二病をこじらせる。卒業後はフリーター、繊維系会社でSPデザイナー、編集プロダクションで情報誌制作、NPO法人で事業運営、広告制作会社でディレクター、産業機械メーカーでセールスエンジニアなどの職を転々しながら、2015年に編集・ライターとして独立&「cycle」の編集に参加。「cycle」のあれこれを行いつつも、フリーランスとして雑誌や広告物の編集やライティングなども。自転車歴は大学時代からで、乗るよりイジる方が得意。ちなみに、編集長オスギは大学の同級生。

編集長│オスギ(杉谷紗香)
編集者
アダチ(足立知子)
編集者│アダチ(足立知子)

奈良県出身、大阪府在住。自称、サイクルのカルチャー部門担当。大学卒業後、編集プロダクション、出版社にて、主にサブカル系フリーペーパー、情報誌、映画雑誌など数々の媒体の取材、執筆、編集に携わる。また自転車マニアの兄に触発され、株式会社ワークルームでは『キョウト自転車生活』『大阪自転車ホリデー』『京都自転車デイズ』『自転車手帳』など自転車関連書籍の編集を経て、「季刊紙サイクル」の立ち上げに参加。2016年、司書資格を取得し、現在は私立大学図書館にて司書を務めるかたわら、「cycle」に携わる。自転車に関しては永遠の初心者。趣味は野鳥観察、愛車はcycle × ARAYAコラボのツバメ号。

cycleは大阪としまなみ海道の2つの編集室を拠点に制作しています。

おおさか編集室

〒531-0071 大阪府大阪市北区中津2-8-C-922

しまなみ編集室

〒722-0062 広島県尾道市向東町

COMPANY

株式会社ピクニック社

所在地:大阪市北区中津2-8-C922
設立:2015年(平成27年)9月16日
代表取締役:杉谷紗香

事業紹介

cycle編集長オスギが営む編集制作会社。フリーペーパー「季刊紙 サイクル」とWebマガジン「cycleweb」の発行を行うほか、フリーペーパー・冊子・パンフレットの企画・制作、Webマガジンでの取材・執筆、Webサイト運営など、さまざまなクライアントワークを受託。ディレクション・企画・取材・執筆・写真撮影・音声収録・動画撮影・Webサイト構築を担当する。得意なジャンルは、旅、グルメ、アート&カルチャー。

制作物一覧(2020年〜2021年実績より一部抜粋)

自社媒体:フリーペーパー「季刊紙 サイクル」| Webマガジン「cycleweb」
主なWebマガジン:京都芸術大学 瓜生通信AMeeT中国茶會 無茶空茶民ノ布
主な紙媒体:阪急沿線情報紙 TOKKG-FLAT Magazine

SPONSORS

※五十音順

MESSENGER

メッセンジャーによる個人、企業・店舗への配布を行なっています。
SOWORKS MESSENGER〈大阪〉| grid MESSENGER SERVICE〈京都〉| Courier〈東京〉
Courio City〈横浜〉Daisy Messenger〈名古屋〉Messenger's〈福岡〉CycleWorks〈沖縄〉