おすすめ

Winter2022

no.52

WEB掲載日

2022年3月28日

サイクルおすすめDISC いまここで起きていることを自転車的な思考で直視する 「アメリカン・ユートピア」 americanutopia-jpn.com

2019年からニューヨークのブロードウェイでスタートしたデイヴィッド・バーンによる伝説のショーを、鬼才スパイク・リーが映像化した話題作。

バーンといえば、ロックバンド「トーキング・ヘッズ」のフロントマンで、グラミー賞受賞のアーティスト、そして自転車的には『Bicycle Diaries』 の著者だ。この本で彼は、世界各地の都市でペダルをこぎながら考え、自転車からの視点で感じたことを綴っている。本作を映画館で見終えたとき、いまでもバーンの思考は自転車とともにあったのだと感じた。

 

「アメリカン・ユートピア」 スパイク・リー 監督
Blu-ray 6,600円 税込/ DVD 5,500円 税込
発売元:NBCユニバーサル・ エンターテイメント


全21曲の曲間にバーンが語りかける話題も Black Lives Matterやダイバーシティ、政治など、現代をとりまく社会問題にふれるもの。映画のラストで、ショーのメンバーが劇場から街へ自転車で繰り出すシーンは胸に迫るものがあり、「いま、ここで起きていること」を自分たちの目で見つめようとする決意が現れたようだった。

本作は“自転車の映画”ではないかもしれないが、映画を見た友人(それも、非サイクリストが2人も!)が「映画に感激してスポーツバイクを買ったよ」と連絡をくれた。それって、すごく自転車的だと思う。
text by 杉谷紗香(編集部)
紙面掲載日:2022年1月14日
※記事の内容は紙面掲載時点の情報です
関連記事